エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

しずちゃん「タイプはセルジオ越後氏」 アイスホッケーの国際試合をPR

 (前列左から)井上マー、山崎静代、セルジオ越後氏、原西孝幸、藤本敏史、(後列左から)日光アイスバックスの選手、ユクリットの監督と選手

 「H.C.栃木日光アイスバックス vs ユクリット アイスマッチフェスfeat.YOSHIMOTO~氷が溶けるほど熱くなれ!~」開催PR会見が12日、東京都内で行われ、応援アンバサダーを務めるFUJIWARA(藤本敏史、原西孝幸)と南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代が出席した。

 日本とフィンランド外交関係樹立100周年を記念して、セルジオ越後氏がシニアディレクターを務める「日光アイスバックス」とフィンランドの名門チーム「ユクリット」による国際マッチが実現する。

 セルジオ氏は「楽しみですね。日本のアイスホッケーは、チームの減少など低迷している部分もあるけど、この国際試合を通じて、子どもたちに夢を持たせてほしい。ぜひ成功させて」と呼び掛けた。

 この日は両国のイケメン選手たちも登場した。藤本から「(相方の)山ちゃん(山里亮太)が幸せなゴールインをしたんだから、そろそろ自分も…」と言われたしずちゃん。「この中で誰が好み?」と聞かれると、照れながら「この人がいい」とセルジオ氏を指名。まさかの結果に周囲も「渋過ぎる…」と驚きの声を上げた。

 「既婚ですよね?」と確認されたセルジオ氏は「(妻と)別れてもいいですよ」とまさかの返答。以前、しずちゃんとは別のイベントで同席したそうで「彼女の絵の才能はすごい。繊細でね。今日は久々にお会いできてうれしい」と目尻を下げた。

 一方、フィンランドの2選手は、しずちゃんの印象を聞かれると「すごく美しい」などと絶賛。しずちゃんは「全然、こっち見てへんけど…」と苦笑した。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ