エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

鈴木亮平、井上尚弥とファイティングポーズ 「ひょっとすると勝てるんじゃないか」

 鈴木亮平(左)と井上尚弥選手

 「BRAUN シリーズ9・シリーズ8新製品PR発表会」が8日、東京都内で行われ、ブランドアンバサダーを務める俳優の鈴木亮平、ゲストとしてプロボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手が登場した。

 この日が初対面となった2人。鈴木の印象について井上選手は「すごく大きい。映画で見ていたよりもシュッとされている」とコメント。

 対する鈴木は「井上さんはテレビで見てもっと大きいのかと思っていました。ひょっとすると勝てるんじゃないか、という気がしてくる。僕身体がでかいので…」と語った。

 司会者が「それは聞き捨てならないですね」とあおったことから、2人はファイテングポーズを取って向き合った。

 井上選手の素早いジャブに、鈴木は「まさか打ってくるとは」と笑いながらも、「向き合ったときの拳が武器のようなオーラを放っている」と圧倒された様子。井上選手は「普段ここまで大きな人とやることはまずない」と楽しんだようだった。

 会場で「ひげ」に関するトークを行った2人。鈴木は「僕が中学1年ぐらいのときに、父が『ひげのそり方を教えてやる』と言って、教えてくれた。ちょっと大人の階段を一歩上ったような気がしました」とエピソードを披露。

 さらに「男の人には父親から男になることを教わる瞬間がある」といい、「もう1回はネクタイの結び方を教わったときです」と振り返った。

 一方、井上選手は「中高ではまったくそらなくてもいい状態。二十歳を超えてから、ちょっと生えるようになったぐらい」と語った。

 普段からひげは薄いそうだが、「試合の前など、ここ一番というときは必ずそるようにしている。身だしなみから自分の自信をつけるじゃないですけど、見た目から変えて試合に挑んでいます」と明かした。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ