エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

賀来賢人「今生きている人たちに見てほしい」 門山葉子と「愛を感じて」を生歌唱

(左から)門山葉子、大和田伸也、江口洋介、賀来賢人、佐藤二朗、亜生(ミキ)、RIRI

 映画『ライオン・キング』プレミアム吹替版スペシャル上映会が8日、東京都内で行われ、吹き替え声優を務めた賀来賢人、江口洋介、佐藤二朗、亜生(ミキ)、門山葉子、大和田伸也ほかが出席した。

 本作は、命あふれるアフリカの大地で偉大な王ムファサの息子として生まれた子ライオンのシンバが運命に立ち向かう姿を描く。

 シンバの声優を務めた賀来と、シンバの幼なじみのメスライオン・ナラの声を担当した門山はステージ上に登場すると、「愛を感じて」を生歌唱。繊細で美しい歌声を会場に響かせて観客を魅了した。

 トークタイムで賀来は、本作について「作品のテーマである『サークル・オブ・ライフ』を感じ取っていただきたいです。友情だったり、葛藤や悩みだったり、愛や親子だったりと、人間の普遍的なテーマであるメッセージをすごく感じ取れるので、今生きている人たちにこそ見ていただきたい作品です」と熱くアピールした。

 陽気なイボイノシシのプンバァの声を演じた佐藤は「演じる上で気を付けたことは?」と聞かれると、「プンバァは思ったことを全部口に出す、裏がない非常にきれいな魂のイボイノシシなので、それを注意してやったよ」とかわいらしい口調でコメントした。

 プンバァと絶妙な掛け合いをするミーアキャットのティモン役の亜生は、「佐藤さんとのコンビネーションが絶妙ですが」と聞かれると、「普段、僕はイボイノシシみたいな相方(兄の昴生)がいるので。(昴生は)実写版のイボイノシシなので」と笑いを誘い、「(佐藤と)お笑い芸人さんぐらい、すごい掛け合いをやらせていただいて楽しかったです」と笑顔で感想を語った。

 映画は9日から全国公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ