エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

菅田将暉「日本に残る作品になると信じている」 舘ひろし「最後の菅田くんの涙が素晴らしい」

(左から)山崎貴監督、菅田将暉、舘ひろし

 映画『アルキメデスの大戦』大ヒット御礼舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、舘ひろし、山崎貴監督が登場した。

 第2次世界大戦を数学者の視点で描いた同名漫画を映画化した本作は、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、数学で戦争を止めようとした男・櫂直(菅田)の物語。

 公開後、観客動員70万人を突破し、大ヒット中の本作。周囲の反響を聞かれた菅田は「友達に映画を年間300本ぐらい見る人がいて、僕の過去の作品も見てくれているんですけど、初めて褒められました。うれしかったです」と笑顔で話した。

 「数式を書くシーンでは、数式をどうやって覚えた?」と質問されると、「記憶っていろんな感覚を使うと覚えられるらしいんです。聴覚とか触覚とか、いろんな感覚があるので、僕はお菓子を食べながら、音楽をかけながら、体を動かしながら書いて覚えていました」と当時のせわしい様子を再現して、笑いを誘った。

 「今年で戦後74年を迎えますが…」と戦争への思いを聞かれると、本作の舞台となった広島県の「大和ミュージアム」で資料を見たときのことなどを振り返り、「僕は俳優という仕事の中で(戦争について)知ることがたくさんあるので、僕みたいな者がツールになって(戦争を知る)きっかけになればいいなと思いました」と熱く語った。

 舘は、本作について「最後の菅田くんの涙が、この映画全体を表現している気がしました。本当に素晴らしいカットだと思う。戦争はしちゃいけないけれど、それと同時に国を守るということも考えさせられる涙でした。僕はあのカットが大好きです」と話すと、菅田も「日本に、人の心に残る作品になることを信じています」と本作への思いを語った。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ