エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

刀ミュ新作公演が開幕! 新たな刀剣男士4振りが登場

ミュージカル『刀剣乱舞』~葵咲本紀~初日会見の様子

 ミュージカル『刀剣乱舞』~葵咲本紀~初日会見が3日に東京都内で行われ、出演者の仲田博喜、太田基裕、spi、岡宮来夢、田中涼星、田村升吾が登壇した。

 本作は、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案とするミュージカルの、約1年ぶりのミュージカル本公演新作。本作から新たに4振りの刀剣男士が登場し、歴史を守る戦いに身を投じる。

 蜻蛉切役のspiは「僕自身がミュージカル『刀剣乱舞』のファンなので、新しい刀剣男士が出るのが本当にうれしい。稽古場でみんなの演技を見てワクワクしています」と笑顔を見せ、千子村正を演じる太田は「また新たな千子村正に出会えると思うと、僕自身も楽しみで仕方ないです。お客さまにとって心に残るすてきな作品になるように頑張っていきます」と語った。

 また、本シリーズに初出演する明石国行役の仲田は「キャストと制作スタッフ、そのほかの関係者の皆さんと2カ月間作ってきたものを、最高の状態で届ける準備ができたと思います」と語った。

 鶴丸国永役の岡宮は「僕にとって初めてのことが多く、挑戦になる舞台だと思う。不安やプレッシャーを感じながらもそれを楽しんで頑張っていきたい」とコメント。

 御手杵役の田中は「新しい4振りもお互いを助け合い、鼓舞し合いながら臨めた2カ月だった。この作品をお客さまの元に届けられるのが、今から楽しみでありドキドキしています」、篭手切江役の田村は「篭手切江が初めて登場するシーンは、今までのミュージカル『刀剣乱舞』にはない新たな挑戦だと思うので、そこを見てもらえればうれしいなと思います」とそれぞれが思いを語った。

 舞台は18日まで都内・天王洲 銀河劇場ほかで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ