エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

田村淳「吉本興業に戻ってきてもらいたい」 相方・田村亮の会見後、初の公の場

囲み取材に応じた田村淳

 ロンブー田村淳/がちで活動しているキャラクターたちのマネジメント会社「株式会社がちキャラ」設立 ~キャラクター、着ぐるみをもっと身近に。~記者会見が1日、東京都内で行われ、ロンドンブーツの田村淳が出席。田村は相方の田村亮が記者会見を開いて以来、初の公の場となった。

 田村はSNSを中心に“がち”で頑張っているキャラクターを企業やイベントとマッチングさせ、キャラクタービジネスの底上げを目指すことを目的に同社を設立。会見では、設立に至った経緯や“がちキャラ”に対する思いを語った。

 囲み取材で「(亮と宮迫博之の)会見後に亮さんと会った?」と聞かれると「毎日電話で話しています。亮は感情の起伏がすごく激しくて、落ち込んでいるときもあれば、無理して笑っているときもあるので話を聞いてあげています」と現在の亮の様子を明かした。

 また「吉本興業が亮に交渉の場に一回ついてほしいと全力でアプローチを掛けている最中なので、僕はそこにはノータッチで見守っています。僕としては亮さんに(吉本興業に)戻ってきてもらいたいですから」と相方への思いを明言した。

 「いろいろな方が登場して大きなニュースになりましたが、吉本興業の会長、社長、松本人志さん、加藤浩次さんとは話をした?」との問いには、「岡本社長とは会見後にちょっと喋りました。社長を心配して電話したわけじゃなくて、後輩たちの処分を早めに(終わらせてほしい)ということで電話しました」と語り、今後の吉本興業については「会社が全力で反省して、次の展開に動くというのを中にいて感じるので、一緒になって新しい吉本興業を作っていけたら」と思いを語った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ