エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

熊川哲也「蝶々夫人」を世界初バレエ化 来年9月には宮尾俊太郎が演出家デビュー

 (左から)中村祥子、矢内千夏、熊川哲也、成田紗弥、宮尾俊太郎

 熊川哲也 Kバレエ カンパニー20周年記念特別公演「マダム・バタフライ」制作記者発表会が29日、東京都内で行われ、芸術監督の熊川哲也、ダンサーの中村祥子、宮尾俊太郎、矢内千夏、成田紗弥が出席した。

 明治時代の長崎で、米海軍将校ピンカートンを愛し待ち続けた武士の娘バタフライの悲劇を描くオペラ「蝶々夫人」を、熊川が日本人芸術監督として初めて全幕バレエ化する。

 熊川は「令和という新元号になったこの時期に20周年を迎えることができ、さらに日本を舞台にしている名作を手掛けることに、偶然の一致というか、運命めいたものを感じずにはいられない」と心境を語った。

 本作でピンカートン役に加えて、振り付け助手も担当する宮尾は「打ち合わせに同席してアイデアを出せるときには出して、内容的には演出家とほぼ同じ動きで、付いて、見て、勉強させていただく感じ」と語った。

 宮尾を20歳時から知る熊川は「独立したマインドを持って成長した形でカンパニーに貢献してくれて。なおかつ後輩へ自分の背中を見せる立場の年齢になった」と評し、「来年9月に宮尾俊太郎演出作品を。私は一切関わるつもりがなく、第1回作品として世の中の人に送り届けてほしい」と期待を込めて発表した。

 数日前に話を聞いたばかりという宮尾は「そんな大役を頂きまして驚きと喜びで胸いっぱい。今回のこういった経緯を含めて熊川ディレクターから見せていただいたもの、もらったものがたくさんありますので、自分の中に昇華してお客さまやカンパニーにどう還元できるか…」と語った。

 舞台は、9月27日~29日に都内・Bunkamuraオーチャードホール、10月10日~14日、都内・東京文化会館大ホールでそれぞれ上演。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ