エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山崎賢人「声優初挑戦なので、梶さんに相談しました」 映画『二ノ国』で人気俳優と人気声優たちが豪華共演

アニメーション映画『二ノ国』のジャパンプレミアイベント登壇者たち

 アニメーション映画『二ノ国』のジャパンプレミアイベントが25日、東京都内で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、梶裕貴、津田健次郎、さらに製作総指揮・原案・脚本を担当した日野晃博、百瀬義行監督が登壇した。

 本作は、「妖怪ウォッチ」を送り出したレベルファイブの人気ゲームに基づくオリジナルストーリーを映画化した青春ファンタジー。現実世界と、そのすぐ隣りにある魔法の世界「二ノ国」を舞台に、少年たちが壮大な冒険を繰り広げる。アニメーションの声優初挑戦となる山崎、新田、永野の3人と、宮野、梶、津田ら人気声優の豪華共演が大きな見どころだ。

 心優しい高校生ユウの声を演じた山崎は「やる前に梶さんに相談させていただきました」と、声優初挑戦の裏話を告白。二ノ国の妖精ダンパを演じた梶はこれに対し、「とても面白そうなので頑張りたい、と言っていたので、自分にできるアドバイスをさせていただきました。仕上がったものを拝見したら、とてもすてきでした」と山崎の演技を称賛。山崎は、「百瀬監督が作られた絵と(久石譲さんの)音楽が加わった作品に、自分の声が存在していることに、素直に感動しました」と喜びを表した。

 続いてユウの親友ハルをはつらつと演じた新田は「いかに、普段の現場で体を使って芝居しているのかということを実感しました。とても難しかった」と、実写との違いを痛感した模様。さらに、二ノ国のアーシャ姫と現実世界のコトナの二役を演じた永野は「一言言うだけで、こんなに大変なんだと…。今まで感じたことのない孤独感と難しさがありました」と振り返った。

 3人の言葉を受けて梶が、「お三方と仕事できることは、僕たち声優にとってもすごく大事。僕らも刺激を受けてお芝居ができた。それが作品の魅力につながっていれば」と満足した様子で語ると、すかさずガバラス役の津田が「リアルとファンタジーが融合した世界観の作り込みがすごい。超テンション上がります」とアピール。

 また、本作には山寺宏一、坂本真綾といった人気声優も参加している。この点についてヨキ役の宮野は「大先輩と一緒の場にいられるのは、非常にうれしい。自信にもつながる」と喜びを表した。

 最後に日野氏が、「皆さんの熱い演技を聴いているだけで感動できる。ぜひ『二ノ国』を堪能して、現代とファンタジーの世界を行き来してください」と締めくくった。

 『二ノ国』は8月23日(金)から全国公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ