エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

斎藤工、ローランドとイベント共演で“再会” 「とても誠実で魅力的な方」

 斎藤工(左)とローランド

 「YAMAHA『はしれ!絵本』展オープニングイベント」が25日、東京都内で行われ、俳優の斎藤工と“ホスト界の帝王”ことローランドが登場した。

 本展は、バイクに乗る楽しさや魅力を伝えるために、バイクユーザー40人のエピソードを元に制作されたオリジナル絵本40種類を飾る展示会。

 2人は子どもたちの前で絵本の読み聞かせに挑戦。優しい口調で読み上げたローランドは、「普段子どもと接する機会がないので、新鮮でピュアな気持ちに戻りました」と笑顔を見せた。

 斎藤は、「ローランドさんとは3年前にドラマで共演したことがあるんです。とても誠実で魅力的な方だった。名言とか出で立ちがフィーチャーされていますが、芯の部分がとってもすてき」と、その人柄に引かれている様子だった。

 自身の幼少期について聞かれたローランドは「物心ついたときからローランドだった。スーツを着ているか、ジャージーを着ているかの違いで、中身はあまり変わっていない。年齢的にバイクには乗れなかったけど、調子には乗っていたと思います」とユーモアを交えてコメント。さらに「サッカーの試合で父に『なんで負けたんだ』と聞かれた時に、『これは負けじゃなくて勝ちの途中なんだ』と答えていました」とエピソードを披露。これには斎藤も「当時から完成されてたんですね。さすがです」と舌を巻いた。

 「どんな父親になりたいか」という質問にローランドは、「僕、そもそも結婚できますかね?『娘さんをください』と言うときに、この見た目だとハンデがある。寛大なご両親でないと…。仕事やメディア活動を通じて、ちゃんとした人間なんだよということを認知してもらえるよう頑張ります」と話した。

 本展は25日~27日、都内のスパイラルガーデンで開催。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ