エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山里亮太が高知県の観光特使に就任 「高知でグランピングをやってみたい」

高知県知事の尾﨑正直氏(左)と観光特使に就任した山里亮太

 高知県の観光特使委嘱状交付式が25日、東京都内で行われ、高知県観光特使に就任した南海キャンディーズの山里亮太が登場した。

 よさこい祭りに参加したことをきっかけに、高知県が大好きになったという山里。同県の尾﨑正直知事から委嘱状を受け取ると、「高知を『大好きだ』と言い続けたら、こんなところに立たせていただきました。全力で臨ませていただきます」と気合たっぷりに語った。

 蒼井優との結婚会見では「二人で高知に行きたい」と話していた新婚の山里。高知で結婚式などのお祝いごとで出されるという「かつおの生け造り」が振る舞われると、「すばらしいです。本当においしい。ありがとうございます」と大喜びで、笑顔を浮かべた。

 改めて「高知の最大の魅力は?」と聞かれると、「初めて行った人でも『ただいま』って言いたくなるような落ち着く空気感。それから、よさこいは高知の人が“いかに高知を愛しているのか”を見せてくれるので感動します。自分がいかにいい街に来たのかというのを、踊りやお酒、人との触れ合いで街全体が教えてくれるところです」と高知愛を披露した。

 「今後、高知でやってみたいことは?」との質問には「おしゃれ言葉でいう『グランピング』をやってみたい。高知は街中で飲んでコミュニケーションを取るのも良いし、いつ行っても身一つで自然を楽しめる場所がいっぱいあります」とコメント。

 8月に開催される「みんなでよさこいプロジェクト」に参加することも明かし、「今、よさこいを一生懸命練習しています。ぜひ見に来ていただきたい」とアピールした。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ