エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

2.5次元の仕掛け人が手掛ける新たな舞台 ノンバーバルな芝居で「サムライの心」を見せる

「KYOTO SAMURAI BOYS」に出演するキャストたちと構成・演出の植木豪氏

 舞台「KYOTO SAMURAI BOYS」公開稽古が24日に東京都内で行われ、構成・演出の植木豪氏、出演する福澤侑、里中将道、泰江和明ほかが登壇した。

 本作は、平安神宮敷地内に建つ京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)内の専用劇場「KYOTO SAMURAI THEATER」で上演する、フィジカルとテクノロジーが高次元で融合するステージ。「椿」「桔梗」「若葉」の3チーム、計18人のキャストが、回替わりで2組に分かれ、1日2ステージの公演を見せる。

 この日、公開稽古に先立って、本公演をプロデュースするネルケプランニング・代表取締役会長の松田誠氏が「基本的にはせりふのないノンバーバルな作品を上演しようと思っています。京都ということで海外のお客さまもいらっしゃるので、そういう方々にも見てもらおうと思っています。物語をノンバーバルなパフォーマンスで見せた後にライブパートがあり、合計で40分程度を想定しています」と公演内容について説明した。さらに松田氏は「タレントとしてユニットをやろうというよりは、サムライの心を持とうと(キャストやスタッフたちと)話しました。見てくれた海外のお客さまに『侍が本当にいたよ』と思ってもらえるように頑張ります」と思いを語った。

 また、演出の植木氏は、「稽古が始まって5日目でこんなに人間って変われるんだというのを目の当たりにしています。(キャストたちは)オーディションで見た時とは全く別人で、サムライになりかけている。 皆さんの応援で彼らが力をいただけると思うので、よろしくお願いいたします」と呼び掛け、福澤は「まだまだ自分たちも頑張って、少しでも成長できたらいいなと思っています。楽しみにしていただけたら」とアピールした。

 「KYOTO SAMURAI BOYS」は8月10日にプレオープン、9月上旬にグランドオープン予定。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ