エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

会見を行った岡本昭彦社長

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。

 この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が開いた会見を受けて行われた。

 岡本社長は「ああいう記者会見をさせてしまったことに関して、2人に深くお詫びを申し上げます。非常につらい思いをさせてしまい本当に申し訳ない」と謝罪した。

 今後について「(宮迫の契約解消)処分の撤回を行う(田村については謹慎を継続)。改めて彼らがミーティングの席に立っていただけるのであれば、弊社は全力でミーティングをさせていただきたい。いつの日か戻ってきてくれることがあるならば、全力でサポートしたい」と、関係修復を希望。時折、涙を拭いながら、可能であれば「彼らの思いに耳を傾け、最善の解決策を一から考えていきたい」と話した。

 「2人が早期の謝罪会見を望んだのに認めなかった理由」については、「芸人の意思が(引退なのか謝罪会見のみなのか)きちんと定まらない状態で、会見を行うことはかえって芸人たちを傷つけてしまうと考えた。結果的につらい思いをさせてしまった」と後悔を口にした。

 宮迫と田村は20日の会見で、岡本社長と話した際に「テープを回してないだろうな」「会見するならすればいい。全員連帯責任でクビにするからな。俺にはおまえら全員をクビにする力があるんだ」と、圧力があったことを“告発”した。

 これについて岡本社長は「『テープを録ってるんちゃうの?』というのは(話しやすいように)和ませるといいますか、僕的には冗談だった」と釈明。「(相手には)全く受け入れられず、笑われることもなかった」と振り返った。

 「クビにする」という発言についても、「家族のつもりで、もういい加減にせえと(言いたかった)。そんな個人バラバラで(自分の思いを)言うんやったら勝手にせいという思いで言った」と発言自体は認めた。

 その一方、「僕としたら身内の感覚。結果、相手に(思いが)伝わっていないというのは、僕の思う距離感と彼らの思う距離感にギャップがあったから。僕が大いに反省しなければ」と話した。

 「日常的にパワハラやどう喝があったのでは?」という追及には、「若い頃は、どう喝というのはないと思いますが、強い口調で怒ったり…ということはあったと思います」と回答。「今はどうか?」と問われると、「今は部屋に1人でいるので、ないと思います」と返し、これには報道陣から失笑が起こった。

 今回の事態を受け、自身と大崎洋会長の処遇については「50パーセントの減俸を1年間続ける」としたが、辞任については否定した。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ