エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

城田優「今までで一番すてきな加藤和樹を作る」 加藤「最後まで付いていく」

ファントム役と演出を担当する城田優

 ミュージカル「ファントム」制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の加藤和樹、城田優、愛希れいか、木下晴香ほかが登壇した。

 本作は、フランスの人気小説『オペラ座の怪人』を原作に、同作に登場する怪人ファントムの人間像に焦点を当てた物語。

 2014年の上演時に続いて、ファントム役を演じ、本作では演出も手掛ける城田は「率直に、楽しみでしかないです。責任は非常に重大ですが、出演者の皆さまと、支えてくださっているスタッフの皆さまにサポートして頂きつつ、僕自身も思い入れのある作品を、より素晴らしい舞台にできるよう、初日に向けて日々精いっぱい取り組んで参りたいと思っています」と語った。

 演出家としては「歌を歌い上げるミュージカルを作りたいのではなく、心情を訴え掛けるミュージカルを作りたい」と言い、「全員に望む唯一のことが、歌もお芝居も変わらず、相手に届ける。それだけでございます」と力強く語った。

 また、Wキャストを務める加藤とは05年のミュージカル『テニスの王子様』以来、3度目の共演となる城田は、加藤に「今までで一番すてきな加藤和樹を作るから、いろいろと(演出のために)言って、嫌いになるかもしれないけど、信頼して付いてきてほしいと」と個人的に連絡を取ったという。

 そんな城田に対し、加藤は「僕を知っている彼だからこそ、一緒に作り上げられる役があると思います。とことん演出家・城田優と向き合って、最後まで付いていきたいと思います」と全幅の信頼を寄せた。

 舞台は11月9日~12月1日、都内・TBS赤坂ACTシアターほかで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ