エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

五関晃一「舞台でインソールを入れています」 ジャニーさんから「ユー、ちっちゃいよ」

初の舞台単独主演となる五関晃一

 舞台「奇子(あやこ)」の公開舞台稽古&囲み取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の五関晃一(A.B.C-Z)、梶原善ほかが出席した。

 本作は、手塚治虫の同名漫画が原作。戦後史の中で、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな要素を巧みに取り入れながら、人間の心の闇や犯罪行為、逃れることのできない恐ろしい呪縛を描く。

 本作が初の単独主演となる五関は「初めて聞いたときは『やった!』と単純に喜んだのですが、話を聞いていくと、手塚さんの生誕90周年(記念事業)であるとか、初めて原作を読むと(その内容に)だんだんとプレッシャーを感じてきてしまって」と語った。

 それでも、スタッフ、キャストに助けられながら、稽古やプレビュー公演を重ねてきたといい、「さらにブラッシュアップしたものをお見せできると思う」と自信をのぞかせた。

 今月9日に亡くなったジャニー喜多川氏の話題も。五関は「多分僕が1人で舞台に立っているのを見るのは初めてだと思うので、そこは喜んでくれていると思う」としみじみ語りながらも、「駄目出しをされないように気を付けないと」と不安げにつぶやいた。

 具体的には「ユー、ちっちゃいよ」と、身長について言われたそうで、「僕がジャニーさんに駄目出しをされる8、9割が『ユー、ちっちゃいよ』だった。『同じ衣装を着ているのにユーだけちっちゃい』とか、衣装を着込むとさらに小さく見えるらしく、『ユーは着ないでくれ』とか」と、懐かしそうにエピソードを披露した。

 そんな五関は、今回の舞台で「奇子役の(駒井)蓮ちゃんがすごくスタイルがいい子なので、僕はインソールをずっと入れさせてもらっています」と告白。「何センチアップ?」と聞かれると、「そこまで詳しくは…」と答えて笑いを誘った。

 舞台は19日~28日、都内・紀伊国屋ホール、8月3日~4日、大阪・サンケイホールブリーゼで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ