エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

菜々緒、初対面で心掛けるのは「ほほ笑み」 「白い歯」と「オーラルケア」の重要性をPR

 オーラルケアの重要性をアピールした菜々緒

 「LISTERINE presents『#新時代の美は歯の白さ』トークセッション」が17日、東京都内で行われ、女優の菜々緒が出席した。

 この日は、印象評論家の重太みゆき氏も登壇し、「歯の美しさと印象度の相関」をテーマにトークを展開。画像を交えながら「相手に好印象を与えるためには歯を見せることが重要」と伝えられた菜々緒は、「説得力がありますね。私もできるだけ笑っておこうと思います」と興味津々の様子。

 また「私は悪女役をやることが多いので、なるべく(初対面で)ほほ笑むことを心掛けています。緊張すると真顔になりがちですが、笑顔であいさつするだけで『すごくいい人!』と言っていただけるので、笑顔ってやっぱり大事だなって思います」と自身の経験も振り返った。

 また「人の第1印象は0.5秒で決まる」と聞かされた菜々緒は「鳥肌が立っちゃいました。どうしても女性は(自分の)メークとか髪の毛とかに気を使いがちですが、白い歯というのはとても大事なんですね」としみじみ。「オーラルケアは後回しになりがちですが、リステリンのアンバサダーとして、これからオーラルケアの重要性をちゃんと広めていきたいと思います」と宣言した。

 そんな菜々緒は「自身が考える美」について、「20代はそれこそメークなどの表面的な美を追求していましたが、30代になると、内側からきれいになっていかなければいけないという意識がすごく強くなりました」とコメント。また「SNSが発達していろんな世界の方々を見ているのですが、ジェンダーレス化が進み、性別関係なく自分らしい美を追求している人が多くなっている気がします。内側から出るオーラ、その人の力強さや生命力を感じると、すごく美しいなって思います」と話していた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ