エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

重岡大毅“初共演”多部未華子の印象を語る 「ナチュラルに壁がある」

(左から)重岡大毅、多部未華子、吹越満

 NHK・ドラマ10「これは経費で落ちません!」の試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、重岡大毅(ジャニーズWEST)、吹越満が出席した。

 本作は、せっけんメーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子の森若沙名子(多部)が、経費チェックを通じて、大きな不正事件とまではいかないものの、さまざまな小ズルい者たちにアプローチしていく模様をコミカルに描いたオフィスドラマ。

 不器用ながらも何事にも几帳面な経理女子を演じる多部は「和やかで穏やかで、日々しんどいながらも、楽しく過ごしております」と現場の様子を紹介した。

 一方、重岡が演じるのは営業の若手エース山田太陽。とある騒動を通じて森若にほれ、果敢に彼女にアタックするが、恋愛に奥手な森若はなかなかこれに応じない。

 互いの印象を聞かれると、多部は「重岡さんははじめまして。現場ではあまり話していなくて。だから特に(印象も)ないです。話題もないですし…」と、いつもの“多部節”でコメント。これに重岡は「ナチュラルに(僕に対しての)壁がある。(劇中と)一緒です」と笑わせながら、「多部さんは、職人のイメージ。パパパンてOKを出す感じで…」と明かした。

 第1話にはデザイナーの曽根崎ミレイ役で藤原紀香も登場する。ミレイとの不倫を疑われる役どころを演じた重岡は「実際に会ったらオーラがすごくて、実際に横に並ぶと(自分の)一般人感がすごく出てしまった。小物感が拭い切れない。そこは(撮影で)頑張りました」と振り返った。

 また劇中では、森若に健気なアプローチを繰り返す太陽だが、「(自分なら)あんなシャッターをガンと閉められたら行けない。(森若の反応は)はっきり『ノー』ですもんね。太陽はすごいなと思いながら演じています」と苦笑した。

 ドラマは26日から、毎週金曜午後10時にNHK総合で放送。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ