エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

田中圭「悔いがまったくない」 『劇場版おっさんずラブ』に手応え

『劇場版おっさんずラブ』への手応えを語った田中圭

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』連続ドラマイッキ見上映会舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、主演の田中圭、瑠東東一郎監督が登壇した。

 ドラマ版の物語は、全くモテない33歳ポンコツサラリーマン・春田創一(田中)が、ある日突然、直属の上司・黒澤(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧(林遣都)から同じタイミングで告白されたことから始まるラブストーリー。

 ドラマ版の“完結編”となる劇場版(8月23日公開)は、さらにスケールアップし“5角関係”が描かれる。撮影の手応えを聞かれた田中は「ドラマ版はこんなに多くの人に愛される作品になった。それを十分に分かった上で、『あの連ドラを超えるぞ』『でなきゃ、やる意味がない』と、プレッシャーや不安もたくさんあったのですが、やってみると、多分できちゃいました」と笑顔で報告した。

 続けて「悔いがまったくない。キャスト全員やり切っているので僕らの思いは届くと思うし、皆さんには純粋にただただ楽しみにしていただきたい。めちゃくちゃ面白いと思います」と胸を張った。

 この日は、10日に35歳を迎える田中の誕生日祝いもサプライズで実施され、劇中に登場する“はるたん弁当”を再現した巨大ケーキが登場。田中は「すごいっすね」と感激し、一口かじって「おいしい」とおちゃめな笑顔をはじけさせた。

 35歳の抱負を問われた田中は、「自分独りでできることってたかが知れていて、みんなでやると、何倍も何倍も作品が広がったりする。すべての現場がこうあるべきだと思うぐらい『おっさんずラブ』の現場が好きだったので、違う作品でもそういう現場を目指してやっていけたら。35歳も変わらず頑張ります」と力強く語った。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ