エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

芦名星 “許せないタイプ”を明かす 「テンションが下がって悲しくなります」

ゴールデン連続ドラマ初主演の芦名星

 BSテレ東 連続ドラマ「W県警の悲劇」の制作発表会見が9日、東京都内で行われ、出演者の芦名星、伊藤かずえ、戸田菜穂、鈴木砂羽、佐藤仁美、床嶋佳子、佐津川愛美、谷村美月、優希美青が出席した。

 本作は「警察の中の警察」と呼ばれる監察官の松永菜穂子(芦名)が、秘密を抱える8人の女性警察官と対峙(たいじ)する、謎解きエンターテインメント。

 本作が、ゴールデン連続ドラマ初主演となる芦名は「(相手の女優と)せりふのやり取りをするストイックな日々。とにかくしゃべるんですよ」と、大量のせりふに苦戦しながらも、「現場はすごく楽しいです」と充実感をにじませた。

 この日は、ドラマの内容にちなんだ質問に出演者が回答。「自身の許せないタイプ」について聞かれた芦名は「運転マナーの悪い人」を挙げ「車線変更をするときに、十分なスペースが空いている所に入るのに、グーと(入れないように距離を)詰めてくる行為を見ると、テンションが下がって悲しくなります」とコメントした。

 佐藤は、クチャクチャものを食べる「クチャラー」が許せないと言い、「罪にならないなら蹴りたいぐらい」と言い放った。

 「過去に克服しておけばよかったこと」としては、佐津川が「タイピング」と回答。「このお仕事をしていると、パソコンに触らなくても生きていける。でも30歳になるとスマホで打つのも疲れるようになってきてしまって…」と苦笑した。

 鈴木は「計算が苦手」だと言い、「値札とか見ないで、大まかに“1万以内だろう”と思って買ったら、(レジで)3万8千円とか。その場合も買いますよ。ここは女優だから“あっそう”と。つらい職業です」と笑わせた。

 また「恋愛の壁」について聞かれた優希は「魚の骨を取ってくれる人がいい。デートでご飯に行ったときに、『魚、貸して』と言って骨をきれいに取ってスマートに返してほしい。不器用なので甘やかしてほしい」と、珍回答で笑わせた。

 ドラマは27日から、毎週土曜午後9時スタート。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ