エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松岡修造、音声ガイドの声は「熱くないですよ」 “妻の大先輩”小池都知事と特別展開会式に登場

 松岡修造(左)と小池百合子都知事

 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」の開会式が5日、東京都内の江戸東京博物館で行われ、本展の音声ガイドナビゲーターを務める松岡修造、小池百合子東京都知事ほかが出席した。

 同館では7月6日~8月25日、東京五輪開幕の1年前の時期にあわせ、日本におけるスポーツとオリンピックの歴史をひもとく展覧会を開催する。

 登場早々、司会者の進行そっちのけでスポーツに関する“熱いトーク”を展開した松岡。しかし音声ガイドの収録について質問が及ぶと、「(ガイド音声は)熱くないですよ。心はすごく熱いんですが、僕が『ここは!!』と(熱く)語ると聞いている人がうるさいと思う。あれは一定のテンポと、静かな感覚を大事にしないと。なので、いつもとは違う松岡修造を出しました」と説明した。

 とはいえ、会見中は“スポーツの歴史”について身振り手振りで熱く語った松岡。これには小池都知事も「修造さんと一緒にいると熱くなります」とやや押され気味だったが、改めて「(東京五輪は)日本にとっても重要な機会。チケットが当たった人も、当たらなかった人も、まだチャンスがあるようですのでトライしていただけたら。気温も暑くならざるを得ないと思いますが、そこはちゃんと対策をしながら、修造さんを超える熱い大会にしていきたいと思います」と力強く宣言した。

 ちなみに松岡は、チケット抽選に外れたそうで「それだけ見たい人が多いんでしょうね」と肩を落とした。

 また、松岡の妻は元アナウンサーの田口惠美子さん。小池都知事から不意に「奥さん元気?」と尋ねられた松岡は、大きくうなずきながら「(小池都知事はアナウンサーの)大先輩なんでございます。今日は『失礼のないように』と言われてやってきました」と明かして笑いを誘った。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ