エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

香取慎吾、大量のシカに狙われる 「こっちを見ていて怖かった」

(左から)恒松祐里、香取慎吾、西田尚美

 映画『凪待ち』の初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、恒松祐里、西田尚美ほかが登場した。

 本作は、宮城県石巻市を舞台に、人生のどん底まで落ち切った男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描く衝撃のヒューマンサスペンス。白石和彌監督は「過去のどの作品よりも“優しい”映画に仕上げた」という。

 舞台あいさつでは、登壇者全員が自分に関する撮影中の秘話や出来事をクイズにして出題する「凪待ちクイズ大会」のコーナーが実施された。

 香取が「撮影の終わりに、目を光らせて僕を狙っていたのは何者か?」というクイズを出題すると、恒松と西田が「シカ」と解答。撮影当時、ロケ地に大量のシカが発生したそうで、香取は「夜の真っ暗な中で何十匹もこっちを見ているんですよ。車で走っていたりすると、前を横切ったりして怖かった」と告白した。

 最後に香取は「初日に急にクイズが入ってきたので、そっちのスイッチを入れることになってしまいまして、申し訳ございません」とコメントして会場の笑いを誘うと、「僕の演じた郁男という役は苦悩の中で、逃げることばかりで、先が見えない男だったんですけど、そんな先が見えない人間でも踏ん張って周りの方々の諦めない絆、優しさで、少しずつでも光が見えてくる作品になっています」と語った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ