エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

寺島しのぶが足立梨花の毒娘ぶり称賛 「初めて会ったときに『毒だ』と思えた」

毒親と毒娘を演じた寺島しのぶ(左)と足立梨花

 WOWOW「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」完成披露試写会が25日、東京都内で行われ、出演者の寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、吉田康弘監督、滝本憲吾監督、原作者の湊かなえ氏が出席した。

 本作は湊氏の短編集を原作に、母と娘、姉と妹、友だち、男と女を題材に、愛おしい愚か者たちが織りなすミステリードラマを全6話で描く。

 第1話と第2話で、毒親と毒娘役で対立した寺島と足立。寺島は、自分に負けないくらいの毒娘を演じた足立を称賛。「結構お母さんはエグいことを言うので、あまり娘がかわいそうと思わせすぎるとバランスが悪いと思われてしまいますが、足立さんとは初めて会ったときに『毒だ』と思えたんです」とコメント。足立は「褒められてる気がしない」と苦笑いを浮かべつつ、「そう言っていただけてうれしいです」と喜んだ。

 清原は、第3話で、すべて自分のせいだと信じ続ける女性を演じた。清原は「真っすぐな子ですが、何かアクションを起こす度に、そのアクションに愛が大きく詰まりすぎてしまって。撮影はギュッと短い期間でしたけど、とにかく労力を使いました」と振り返った。

 第4話で、ライバルに嫉妬心を燃やしながら脚本家を目指す女性を演じた中村は、「黒いことも思ったりするけど、きっと誰もが思ったことのある感情だと思って、とても共感できました」とコメントした。

 第5話で、優しすぎて殺人を犯してしまう女性を演じた倉科も「『優しいとは何か』という価値観が揺らぐような作品。現場にいても、世の中は回っていくのに自分だけが置いていかれる感覚があり、とても疎外感を感じましたね。撮影中は苦しかったですが、現場はとても楽しかったです」と振り返った。

 トークの最後には原作者の湊氏も出席。「善人だけどどこかでボタンのかけ違いが起きたり、足を踏み外してしまったり。女性だったらどなたかに気持ちを寄り添わすことができると思いますし、男性も身近にいらっしゃる女性を誰か思い浮かべるはず。どこか自分の世界の延長として作品を楽しんでいただけたらと思います」と解説していた。

 ドラマは7月6日から、WOWWOWプライムで毎週土曜午後10時に放送。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ