エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

宇宙Six山本亮太「令和に残る作品にしたい」 原嘉孝「目黒蓮を5回以上泣かせたい」

W主演の山本亮太(左)と原嘉孝

 もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第7弾舞台「桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~」ゲネプロ・囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)、原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)、水野絵梨奈(Elina)、副島淳、冨岡健翔(MADE/ジャニーズJr.)、山崎樹範ほかが登場した。

 舞台「桃山ビート・トライブ」の再演となる本作は、安土桃山時代を舞台に、4人の若者が一座を結成し、音楽を武器にした芸で権力に立ち向かう物語。

 天下一の三味線弾きを目指す藤次郎役の山本は、16日までの京都公演を終えた感想を「すごく楽しかったです。前回、僕は千秋楽のときに大泣きしてしまって、最後のあいさつを全くしゃべれなくて山崎さんに裏で怒られちゃったんですけど、何故か京都の初日のときに山崎さんが泣き始めたので、あのときがよみがえって楽しかったです」とエピソードを披露して、笑いを誘った。

 出雲のお国一座の笛役者・小平太役の原は「初演では同じグループの目黒(蓮)が小平太を演じていたので、プレッシャーがすごかったです」と京都公演を振り返った。

 この日から始まる東京公演の意気込みを聞かれると、「前回(目黒が出演していた際の東京公演の)初演を観劇したときに、すごくいい作品で僕は5回泣いたんです。目黒は同期でニコイチみたいにやってきて、すごく縁があると感じているので、千秋楽には目黒に来てもらって、5回以上泣かせたいです」と抱負を語った。

 また、「再演への思いは?」と聞かれた山本は「(主演の座は)譲れないし、来年みんなでまたやりたいです。令和の中で残るような舞台にしたいです」と語った。

 舞台は7月1日まで都内・EXシアター六本木で上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ