エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

主演の堤真一

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。

 本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤)と、末期がんのため余命半年と宣告された元生徒“ゴルゴ”(柳楽)との絆を描く。

 大勢の観客に迎えられた堤は「ありがたいですね」と笑顔を見せる一方、「昨日の初日、うちの(事務所の)社長が映画館に見に行ったら10人ぐらいしか客がいなかったって…。『そんなこと言うな』という話ですよね」と明かして笑わせた。

 また、堤が「群馬では?」と、映画のロケ地になった群馬県について問い掛けると、兼重監督が「『メン・イン・ブラック』と『アラジン』を抑えて1位を獲得しました」と報告。堤は「別に群馬だけの話ではないんですけど」と言いながらも、笑顔を浮かべた。

 この日は、映画の内容にちなみ、登壇者が「いま再会したい人」を発表した。堤は「中学時代の野球部の監督。めちゃくちゃ怖くて昔だからよく殴られたりもしたのですが、脚本を読んだときからその先生をイメージしてやっていました」と紹介した。

 だが「この映画も見ていただきたいなと思っていたら、2カ月ぐらい前に亡くなったと…。ずっと連絡も取っていなかったのですが、会いたくてももう会えない。もし生きていたら劇場で見てくれたと思います」としんみりコメントした。

 ゴルゴ役の柳楽は「今回、堤さんと先生と生徒の間柄をしっかりと描く作品に出られて本当に最高でした」と語り、イベント終盤には「今日が最後なんで、ちょっと堤さん、ハグしてください」と、突然おねだり。柳楽と熱いハグを交わした堤は「なんでやねん」と照れた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ