エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 囲み取材の様子

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。

 本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案にした舞台の最新作。

 山姥切国広役の荒牧は「悲伝までの6作は鈴木拡樹くん演じる三日月宗近に率いられて僕らはやってきたんですが、悲伝で一度、三日月とお別れして、そこまでも長い長い戦いでしたが、これからも前を向いて新たな戦いを続けてまいりますので、皆さま応援のほど、よろしくお願いします」と本作への思いを語った。

 そして、荒牧は「今までの刀ステとはちょっと違って、新たな挑戦もしています。その挑戦を全ての方に楽しんでいただけると自信を持って言えるので、楽しみにしていてください。個人的には、隣の彼(山姥切長義・梅津瑞樹)との関係性が山姥切国広としての見どころなので、そこにも注目してもらいたいです。舞台ならではの面白さが詰まっている作品で、この人数が舞台上にいるので圧巻です」とアピールした。

 また、へし切長谷部役の和田は「誰一人欠けることなく、精いっぱい、力いっぱい、元気いっぱい頑張っていきたいと思います」と意気込みを語り、「最上の結果を主(あるじ)に!」とコメントを寄せた。

 鶴丸国永役の健人は「全60公演、毎回毎回、新鮮な驚きをお届けできたらと思います」と思いを述べ、鶯丸役の前山は「皆さんの想像をはるかに悠々と超えていきます」と仕上がりに自信をのぞかせた。

 舞台は23日まで都内・品川プリンスホテル ステラボールほかで上演。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ