エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

香取慎吾、「気負い過ぎていた」 単独主演作『凪待ち』への思い語る

主演の香取慎吾

 映画『凪待ち』の完成披露試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、音尾琢真、リリー・フランキーと白石和彌監督が登壇した。

 本作は、ギャンブル、けんか、借金など底なしの奈落に転がっていく男の物語。主人公の郁男を演じた香取は、「どうしようもないろくでなしの男。今までは正義感にあふれてたり、困っている人がいたら、そこに走り寄るような役が多かったけれど、今回はそんな人がいたら背を向けて逃げるような男の話です」と役どころを説明した。

 共演のリリーは香取について、「今まで慎吾ちゃんが演じてこなかったマイナスのエネルギーを持った人間の色気がすごかった」と絶賛。郁男の恋人役を演じた西田も「本当に大スターの方なのに、今回の郁男には香取さんではないみたいなヤサグレ感があり、それがすてきだった」と、俳優・香取慎吾をたたえた。

 香取自身も、「初めての自分1人の映画(単独主演)で、すごいプレッシャーや緊張があり、気負い過ぎている部分もあった」と当初の思いを明かしつつ「いざ完成したものを見た時に“自分の映画”という思いは全くなかった。白石監督の映画『凪待ち』として、本当に素晴らしい映画になっていた」と、手応えを感じている様子。また、「リリーさんや音尾さんのように“白石組を見たら僕がいる”ぐらいに、どんな役でもまたぜひご一緒したい」と、白石監督との再タッグを熱望した。

 映画のタイトルに掛けて「自分は何待ちか?」と尋ねられると「映画の公開はもちろん“完全体の身体”を待っています」と回答。「一生ダイエットしてるんですよ。今まで何度も『今年こそは』とずっと言い続けているので、パーフェクトな身体がほしいです」と笑わせた。

 映画は28日公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ