エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山里亮太、「こんなに合う人はもういない」 蒼井優と「僕と付き合ってみます?」から2カ月のスピード婚

山里亮太(左)と蒼井優

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優の入籍発表会見が5日、東京都内で行われた。二人のキューピッドを務めた、山里の相方の山崎静代も出席した。

 大勢の報道陣に見守られる中、蒼井と登壇した山里は「われわれ、先日6月3日に入籍させていただきました。どうぞよろしくお願いします」とあいさつ。続いて、キューピッドを務めたのが映画『フラガール』で蒼井と共演した相方の山崎だったことも報告した。山崎は「ボケで『山ちゃんとどう?』って言ったら真に受けてしまって」と笑いを誘った。

 4月上旬から結婚前提で交際を始めたという2人。山里の魅力を聞かれた蒼井は「人に対して感動することや許せないことのラインが一緒だったり、金銭感覚が似ていたり、冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める所」と冗談を交えながら紹介。

 プロポーズの言葉は「蒼井さん、僕と付き合ってみます?」だったこと明かし、山里は「自信がなかったんです。でも、しずちゃん(山崎)がうれしいことに陰で蒼井さんに僕のことを薦めてくれたり、蒼井さんが僕のことをどう言っていたかを教えてくれたりして、ちょっと自信がついてきて、言いました」と笑顔。

 結婚を前提にした理由について山里は、「僕の一生でこんなに合う人はもういないだろうと思ったので、告白の時に結婚の意思を伝えようと思いました」と振り返った。蒼井が、「『はい』と言いました」とプロポーズを受けたやりとりを照れくさそうに話すと、山里は「めちゃめちゃうれしかったです。夢かと思いました」と喜びいっぱいの表情。お互いを「優」「亮太」と呼び合っていることも明かしていた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ