エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松坂桃李、ファンに“大入り袋”を手渡し 感激の男性ファン、松坂に「大好きです!」

ファンに直接感謝の思いを伝えた松坂桃李(左)と本木克英監督

 映画『居眠り磐音』“大入り”御礼舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、木村文乃、本木克英監督が登壇した。

 本作は佐伯泰英氏の名作『居眠り磐音』を原作とする時代劇エンターテインメント。

 この日は、映画の大ヒットを記念して、劇場入り口で松坂と本木監督が観客を出迎えた。松坂から直接「ありがとうございます」と言って“大入り袋”を手渡されるサプライズに、観客は「うそでしょ?」「うれしい!」と大感激。松坂を前に「大好きです!」とあふれる思いを伝える男性ファンの姿もあった。

 その後舞台あいさつに登壇した松坂は、「直接一人ひとりの方に感謝の言葉を言える機会というのは、なかなかない。貴重な経験になりました」と笑顔。「『8回見ました!』と言ってくれる人もいて…。多分僕らよりせりふを言えるんじゃないかな?」と、感謝の思いを伝えた。

 また、松坂演じる主人公が「昼はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒」として働いていることにちなみ、仕事に関するお悩み相談も実施。女性ファンから「桃李さんがすてき過ぎて磐音さまにハマってしまい、日中頭が異次元に行ってしまう」という悩みが寄せられると、松坂は「これはどうしたらよいか…!」と照れ笑い。

 続けて、「僕も撮影や仕事中に、好きなアニメや漫画が気になったりする。最近『ONE PIECE』の盛り上がりがさらに加熱しておりまして…」と自身の好きな作品について触れた松坂。「なるべくその楽しみな気持ちを原動力に変える作業をする。『これが終わったらアニメを見よう』『これが終わったらコンビニにジャンプを買いに行こう』と転換すると、目の前のお仕事に集中できて、あっという間に時が過ぎ去るんじゃないかな」とおちゃめにアドバイスを送った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ