エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

芳根京子、「緊張とうれしさで、ぶっ倒れました」 篠原涼子との親子役共演に感激

(左から)佐藤隆太、篠原涼子、芳根京子、ざわちん、松井玲奈

 映画『今日も嫌がらせ弁当』の完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、芳根京子、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太、村上知子と塚本連平監督が登壇した。

 本作は、反抗期に突入した高校生の娘に、卒業まで“キャラ弁”を作り続けた母親のブログを元にした同名エッセイを映画化。

 母親・かおりを演じた篠原は、役との共通点を尋ねられると「母親というところぐらい。私は男の子を育てているので、育て方や教育方針も全然違う」としながらも、「いずれ自分の息子も思春期を迎えた時に反抗期がくるのかな、と想像しながら撮影に挑んだところはあります」と振り返った。

 一方、娘の双葉を演じた芳根は「涼子さんは事務所の大先輩。緊張とうれしさといろんな感情が爆発して、撮影前日にぶっ倒れました。親子役で共演できるなんて本当に夢のよう。幸せでした」と感激しきりだった。 篠原も「バトルする親子役なので撮影中はあまり話せなかった」としつつ、「撮影が全部終わったあとの打ち上げで、軽くお酒を飲みながら、隣に座った芳根ちゃんが『涼子さ~ん』と抱きついて泣いてくれた。(かわいくて)何回も死にました」と“相思相愛”エピソードを披露した。

 会場には、映画にちなんだ「巨大キャラ弁」が登場。まずはお笑い芸人のダンディ坂野が「リアルゲッツ弁当」として、弁当の中から「ゲッツ!」と決めポーズを披露。続いて、「篠原涼子弁当」から、ものまねメークで知られるざわちんが、篠原そっくりのメイクで登場し、一同大興奮。ざわちんが「平行眉毛になるように薄めに眉毛を描くのがポイント」などとメークのコツを紹介すると、芳根も「すごく似てる!」と目を丸くしていた。

 映画は6月28日公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ