エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山崎賢人、夢をかなえるために必要なことは 「自分の目指しているものが好きという気持ち」

映画の大ヒットを喜んだ山崎賢人

 映画『キングダム』超大ヒット御礼舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、大沢たかおと佐藤信介監督が登壇した。

 本作は、原泰久氏のベストセラー漫画が原作。中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になる夢を抱く少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王(吉沢)の姿を描き、公開36日間で動員350万、興収47億円を突破した。

 この日は、山崎と吉沢がくす玉を割って、大ヒットを祝った。山崎は「本当に夢のよう。頑張って撮影して良かった。(観客に)届いたんだと思います」と満面の笑顔を浮かべた。

 会場では、公式サイトで募ったファンからの質問に答える企画も実施され、「くじけそうになったとき、どうやって自分を高めるか?」と聞かれた山崎は「今頑張るしかないと思うこと。気合。今頑張ったら乗り越えられると(信じる)。単純だけどそれしかないかな」と答えた。

 吉沢は「僕は基本的にすごくネガティブな人間なので、くじけそうになると『駄目だ、どうしよう。やらなきゃ』と思って必死こくんだけど、いざやってみると『あれ、そうでもなくね?』みたいなことが多くて…」と明かし、「なので逆に自分を追い込む。もっともっとヤバイと思わせて自分を必死こかせます」と語った。

 「夢をかなえるために必要なことは?」という質問も。山崎は「自分の目指しているものが好きという気持ちと覚悟。あとは(劇中の)信と(その親友の)漂のように1万回修行するじゃないけど、努力をすることが大事」と語った。

 吉沢は「努力は当たり前として(夢のために)他のものを犠牲できるか、じゃないかな。他のものを捨ててまで本当に欲しいものなのか、それだけに集中できるのか…」と語ったが、司会者から「ご自身もそうされています?」と聞かれると、「していないです」と即答して笑わせた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ