エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

はるな愛、令和婚へ期待「モテ期来た」 石田純一に仲人依頼も「やめた方がいい」

 (左から)はるな愛、東尾理子、石田純一

 ダイエットをサポートする「酵水素328選」イメージキャラクター就任式が23日、東京都内で行われ、はるな愛、東尾理子、石田純一が出席した。

 食事の置き換えと軽い運動を続けて、約6カ月で12.4キロの減量に成功したというはるな。ダイエット前の自身の等身大パネルと並ぶと「もうアラフィフだけどミニスカートもはけるようになって夢のよう。こんなに変わったってこの写真が証明してくれていると思う」と喜びをかみ締めた。

 「令和になってめっちゃモテる。モテ期が来た」とガッツポーズし、「(関係が)ズルズルしていた人が実家に帰ったりした。令和の元年だし、令和婚を目指したい」と新たな恋にも期待を寄せた。石田夫妻に仲人を頼むも「やめた方がいい」とそろって首を横に振り、石田は「バツ2だと仲人はやっちゃいけない」と自虐を交えて笑いを誘った。

 東尾はこれまで子ども3人を出産し、産後にだんだんと体型が戻りにくくなっているとダイエットを決意。「せっかく機会を与えてもらったので、マイナス5キロ。出産前よりも痩せたいと思っています」と夏に向けた2カ月間での目標を掲げた。

 また、大麻取締法違反の疑いでKAT-TUN元メンバーの田口淳之介容疑者が現行犯逮捕されたことについて、石田は「残念ですね。びっくりしました」と表情を曇らせた。はるなも「なんで手を出したのか。ファンの方は待っていると思うので、悪いことはだめだと認めてちゃんと(再出発に向けて)チャレンジしてほしい」と語っていた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ