エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

永瀬廉、共演者に“褒め言葉”の復唱をおねだり 「ちょっと聞こえへんかったわ」

映画の見どころをイラストで発表した神宮寺勇太(左)と永瀬廉

 映画『うちの執事が言うことには』の公開記念舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者でKing & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太、清原翔、優希美青、神尾楓珠と久万真路監督が登壇した。

 本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公・花穎(永瀬)と、仏頂面の駆け出し執事(清原)が、不本意ながらもタッグを組んで難事件に挑む、同名ミステリー小説を映画化したもの。

 映画初主演を果たした永瀬は「経験がない中、スタッフや共演者の皆さんに助けられながらやってきた。人間の温かさを感じました」と語った。

 完成作を見た感想については、「自分のアルバムを見ているような感じ。撮影がちょうど1年前なので、顔がちょっと若いな…と思ったり、なんとも言えない不思議な感じ。まだ恥ずかしいという思いもある」と率直な思いを語った。

 また、主演者として「雑誌の取材も100誌以上受けた」という永瀬。「それだけ注目してもらえることにプレッシャーも感じたけど、初めての体験だったのでマイナスの感情は一切ない。すごく楽しかった」と笑顔で振り返った。

 そんな永瀬の“座長ぶり”を聞かれた清原は「主演だから…というわけではないけど、永瀬廉自体が人を巻き込む力を持っていると思った。現場に入ってくると僕も含めスタッフさんも(気持ちが)上がった」と回顧した。

 それを聞いた永瀬は「もう1回、最初の方を言ってもらってもいい? ちょっと聞こえへんかったわ」と、とぼけながらリクエスト。清原が「人を巻き込む力を…」と繰り返すと、すかさず「ここ、ニュースのトップでお願いします!」と報道陣にアピールして笑いを誘った。

 神宮寺も「初主演とは思えないぐらい堂々としていた。廉が来るだけで華やかな雰囲気になった」と紹介。永瀬は「誰が来ると?」と再びおねだりして会場を盛り上げた。

 その他、本作の見どころをキャストが事前に描いたイラストで発表。永瀬と神宮寺は説明なしには理解できない“独特な絵”を披露して観客をざわつかせた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ