エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岸恵子、ショーケンとの“初対面”を振り返る 「彼は私に年齢を誤魔化して言ったんです」

 さまざまな思い出を語った岸恵子

 「岸恵子 ひとり語り『輝ける夕暮れ』」の囲み取材会が17日、東京都内で行われ、女優の岸恵子が、本番を目前にさまざまな思いを語った。

 毎年恒例となった岸のトークショー。前半は一人芝説「わりなき恋」を上演、後半は岸のフリートークを予定しており、岸は「ゆったりと見ていただけたら」と笑顔で呼び掛けた。

 取材会では、岸の出演映画『君の名は』(53)の撮影当時のエピソードも飛び出した。岸演じるヒロイン真知子がストールを頭から首のまわりに巻きつけたファッションは、当時「真知子巻き」と呼ばれ、女性たちの間で大流行した。

 「あれは岸さんのアドリブだった?」と聞かれた岸は「そうです。東京はまだ夏でしたが、北海道の美幌峠は雪が降っていた。夏服だったので、自分でフランス製の真っ白い手編みのスカーフを持っていっておおってみたんです。最初は監督さんが『着物の真知子さんが急にカチューシャになったみたい』とお気に召さなかったのですが、寒さがひどくて仕方なくて着た。そうしたらはやってしまったんです」と明かした。

 また、3月に萩原健一さんが亡くなったことが話題に出ると、「ショックでした。ショーケンは素晴らしい才能のある人だった。弟のようにしていましたから…」と肩を落とした。

 岸の母も萩原さんをかわいがっていたといい「母が亡くなったときも彼が一番最初に来てくれました」としみじみ振り返った。

 「彼まだ若かったでしょ?」と問い掛けた岸は、映画『約束』(72)で萩原さんと初めて会ったときの思い出話を披露した。「彼は私に自分の年令を誤魔化して“上”に言ったんです。私が『少年と(芝居を)やるのは嫌だ』と言ったものだから。なので本当の年は知らない」とし、「感性がすごく鋭い人でした。もったいない」と改めてその死を悼んだ。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ