エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

霜降り明星「コンビ誕生のきかっけはスシローだった」 せいや「ハマチを食べている顔でピンときた」

 VTRで出演した霜降り明星のせいや(左)と粗品

 スシロー「2019年下期事業戦略発表会」が13日、東京都内で行われ、同社の新CMに出演するお笑いコンビ・霜降り明星のせいやと粗品がVTRで出演した。

 今年創業35周年を迎える同社は、“スシロー史上最大級”の顧客還元フェア「スシロー3連発創業祭」を実施する。霜降り明星は新CMにはっぴ姿で登場し、和太鼓をたたいて「創業祭」をアピールしている。

 「スシローに不思議な縁を感じている」という霜降り明星の2人。

 せいやはVTR内で「実は僕らがコンビ結成の話をしたのが、スシローさんでおすしを食べながらなんです。当時、相方がピン芸人をやっていて、僕が大学生で、久しぶりに会おうってなったときに、2人でおすしを食べようってなって…。僕がスシローのハマチがめっちゃ好きで、それを食べさせたいって思って、わざわざ自転車を50分ぐらいこいで行きました」とエピソードを披露した。

 一方、粗品も「『おまえと漫才やりたいねん』みたいな話をしました。僕がお笑い養成所で先輩を見てきて『せいや、おまえでも通用するぞ。M-1で優勝したら、こういう手順でこうなって…』みたいな特別な話をスシローさんでしました。2012年の6月でした」と振り返った。

 さらに、せいやは「ハマチを僕が頼んで、そのハマチを(粗品が)食べている顔を見てピンときたんです。悪いやつじゃないな、こいつとコンビを組んだらいけるかもなって、スシローさんで分かりました。器のでかさとか、そういうのを量らせてもらいました」と明かした。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ