エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

浜辺美波、『賭ケグルイ』楽屋で爆睡 「現場が大変だったので」

蛇喰夢子役の浜辺美波

 『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、福原遥、伊藤万理華が登壇した。

 人気コミックを映画化した本作は、ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園が舞台。賭けごとの天才・蛇喰夢子(浜辺)がのし上がっていくさまを描き、ドラマ版の「season2」が4月末まで放送されていた。

 映画は今月3日に公開。周囲の反響について浜辺は「『面白かった』というのもあるんですが、『みんなのひょう変ぶりが怖かった』と友達から連絡がありました。普段の私を知っていても、『あそこの顔が怖かった』と言われ…。うれしいですね」とにこやかに語った。

 また、映画版オリジナルキャラクターとして今作に参加した福原と伊藤について、浜辺は「辛いぐらいに(映画に)スパイスを加えてくれた。辛いどころか、激辛ぐらい。ビリビリきますね」と絶賛。「どっちも私の大好きなキャラクター。映画の見どころの一つになっていると思います」と感謝していた。

 福原は浜辺の芝居について、「もともと視聴者としてドラマ版にハマっていたので、現場では『夢子ちゃんだ、本物がいる!』と思った。芝居の中で『賭ケグルイましょう!』というせりふを目の前で受けた時は、鳥肌が立ちました。すごい迫力だなって」と感動を振り返った。

 伊藤は、「私は楽屋に入ったら夢子が眠っているという、レアなところを見られました」と浜辺のうたた寝エピソードを披露。浜辺は「夢子、眠りがちだったんです。現場が大変だったので。スタッフさんもドラマ版からの続投なので、落ち着けちゃう。ウトウトじゃなくて爆睡できちゃう。夢見れるレベルで…」と恥ずかしそうに認めていた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ