エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

霜降り明星と宇垣美里アナがAIで改名?! 粗品「令和時代に中心の芸人になりたい」

(左から)霜降り明星のせいやと粗品、宇垣美里アナ

 日本マクドナルド「改名バーガーズ発表会」が7日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・霜降り明星のせいやと粗品、フリーアナウンサーの宇垣美里が登場した。

 同社は過去に販売した「かるびマック」などの商品を“生き残りを懸けて改名”することを発表。これにちなみ、3人はマクドナルドの店頭で楽しめるAIによる「改名提案」を体験した。

 AIによって名前を「宇垣美里」から「宇垣サビ抜き」という珍名に改名提案された宇垣は「わさびが効きすぎだよ、エッジが立ち過ぎじゃない?ってAIから注意を受けているんですかね。フリーになったことだし、今後はまろやかにいきます」と笑顔でコメントした。

 AIからコンビ名を「チルド絶景」に改名提案されたせいやは「めちゃくちゃカッコええ。この足で本社に(改名に)行こうかなと思います」と満面の笑みを浮かべた。

 一方、粗品は「やっぱり僕は霜降り明星がいいです。霜降り明星でM-1を取ったので、あの最終決戦の札が『チルド絶景』ってめくられていくさまが想像できないです。落ち目になったら『チルド絶景』にします」とコメントして、笑いを誘った。

 また「芸能界の生き残り術は?」と聞かれた宇垣は「自分のしたくないことはしない。自分に素直に生きた方が伸び伸びと長く生きていけると思います」と回答した。

 「令和時代の目標は?」と聞かれた粗品は「今はまだM-1バブルでお仕事をさせてもらっていて、生き残れているか判別がつかない期間なんですけど、令和時代に中心の芸人になりたいです」と目標を掲げた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ