エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

草なぎ剛、舞台で犬役に挑戦 「ほぼしゃべらなくていい」

稽古の様子を公開した(左から)小西真奈美、草なぎ剛、池田成志

 舞台「家族のはなし PART1」の公開舞台稽古&取材会が27日、東京都内で行われ、出演者の草なぎ剛、小西真奈美、池田成志が出席した。

 本舞台は、「第1話」と「第2話」の全く異なる物語で構成。第1話「わからない言葉」では、ちょっとしたいさかいから離婚の危機に発展する夫婦(小西、池田)と、その周りをうろうろしながら一喜一憂する飼い犬(草なぎ)の姿を描く。

 今回、犬役に初挑戦した草なぎは「僕はそんなにせりふがないので、楽だな…と思って。すみません」とニヤリ。

 小西と池田は、犬の視点から見た“人間語”として「パピプペポ」を基調とした謎の言葉を大量に話すが、草なぎは「僕はほぼしゃべらなくていい。お2人は膨大なせりふがあるので、正直、犬でよかった…」と本音を漏らして笑わせた。

 池田は「皆さんが聞いたことのない言語なので、どこまで伝わるか。不思議な話だと思って見てください」と語った。無意味な言葉の羅列ではなく、法則に基づいた“せりふ”として覚える必要があったという。

 小西も「大変です。『母音を変えずに子音だけ変えて好きに演じてください』と言われ。私が1話で唯一心から楽しめるのは、ワンちゃんを(なでながら)『ババビー!(かわい~)』と言うときだけ。あとは必死です」と苦笑した。

 そんな2人の奮闘を間近で見てきた草なぎは「お2人とも天才ですよ。僕は全然やらなくていい。『この人たち、何をやっているのかな?』という顔をしていればいい。犬(役)なので」と語った。

 続けて「2話目は犬じゃなくて人間役。『1』も『2』も犬だとお客さんが多分怒る。『何もしゃべってないじゃねーか』って」と、笑わせた。

 草なぎと小西は19年ぶりの舞台共演。草なぎが「第2話では真奈美ちゃんと夫婦の役なので、非常にいい形になると思う。関係性が出来上がった状態からのスタートなので」と語ると、小西も「直球で投げると直球で返してくださる方。存在が頼もしい。いてくださるだけで安心です」と語った。

 舞台は5月4日~6月1日、京都劇場で上演。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ