エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岡本健一、三浦翔平の芝居に感嘆 「若いエネルギーにあふれている」

ピカソを演じる三浦翔平

 舞台「ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~」の公開舞台稽古が26日、東京都内で行われ、出演者の岡本健一、川平慈英、三浦翔平、村井良大ほかが登場した。

 約19年ぶりの再演となる本作は、同時代に生きながらも、実際には出会っていなかった、若き天才画家パブロ・ピカソと物理学者アルバート・アインシュタインがもし出会っていたら…を描く、ファンタジックコメディー。

「ROSE公演」ではピカソを岡本、アインシュタインを川平が演じ、「BLUE公演」ではピカソを三浦、アインシュタインを村井が演じる。

 1997年、2000年の公演でも、同じ役を演じた川平と岡本。以前との変化を尋ねられた川平は「若干体が重くなりましたが、健一と再会したときに、19年はサーッと一瞬にしてなくなりました」とにっこり。

 岡本が「タイムトラベルをしたみたい」と同調すると、川平は「逆に僕らは幼児化した。恥ずかしさがなくなり、少年のように取り組めた」とアピールした。

 そんな2人の芝居を見た村井は「2回本番を経験されているので全然違う。息がぴったり。その空気に僕らが追い付かないと…」と焦りがあったことを告白。三浦も「お二人は土台がしっかりしている。僕らはとにかく時間がなくて大変でした」と苦笑交じりに振り返った。

 一方、岡本も三浦たちの芝居から刺激を受けた様子。「若いエネルギーにあふれている。これまでは、若いとか意識せず、俺らも全然イケると思っていたけど、本当に若い人を見ると『若いってこういうことだな』って肌で実感した。ここには僕は戻れない。そこに戻りたいとも思わないけど、彼(三浦)に負けないピカソを演じられたら」と語った。

 三浦は「僕はエネルギーでしか勝てない。健一さんは経験も技量もすごいのでとにかくそれを見て学んで吸収して、分からないことはすぐ聞く。それでやっと(本番に)間に合いました」と語った。

 舞台は5月9日まで都内・よみうり大手町ホールで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ