エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

香取慎吾、かつてない“ろくでなし”の役 「すごく好きなことをやっとできた」

映画『凪待ち』に主演した香取慎吾

 映画『凪待ち』の完成報告会見が23日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、白石和彌監督、赤城聡プロデューサーが出席した。

 「喪失と再生」をテーマにした本作は、ギャンブルを縦糸に、震災を横糸に編まれた、主人公・郁男の再生の物語。

 今回、かつてない“ろくでなし”の役、さらに恋人を殺され、底なしの奈落に落ちていく郁男を演じた香取は「つらかったです。人の優しさがこんなに痛いんだと思った撮影期間でした。優しい言葉を掛けられるほど、自分のふがいなさを感じてしまい、役柄としてズタズタでした」と語ったが、「撮影自体は僕としてつらいと思ったことは一つもない。すごく楽しかった」と充実の笑みを浮かべた。

 殴る、蹴るといった激しいけんかのシーンもあったが、香取は「基本的に事前の準備は一切しません。そのときの自分にできる“一番”をするしかないと思っているので」とコメント。

 アクションで受けたダメージについても、「血だらけでした。でも大丈夫です。もちろんけがをしない方がいいですけど、してしまうものは仕方ないので」と“役者魂”をのぞかせた。

 そんな香取との仕事を、以前から熱望していたという白石監督は「初日のファーストシーンからゾクゾクしっ放し。ゾクゾクを通り越して笑えてくるぐらい良かった。役所(広司)さんとか、それぐらいの色気、素晴らしい存在感だった」とたたえた。

 香取も「白石監督とお仕事できて本当にうれしい。やっぱり人は誰でも狂気な部分、闇の部分を心の中に持っている。そっち方向の僕としては、白石作品はすごく好きだった。あまり自分の中では、香取慎吾として突拍子もないことをしているという思いはなく“すごく好きなことをやっとできた”という思いの方が強い」と明かした。

 「自分の中の狂気が監督に引き出された?」と聞かれると、「(それは)あります。それが今、このタイミングだったというのは自分にとってもありがたいことだと思います」と話した。

 映画は6月公開予定。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ