エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

竜星涼「都立水商!」で念願の教師役も 「なかなか普通の学校には就職させてもらえない」

念願の教師役に挑む竜星涼

 MBS/TBSドラマイズム枠で5月初旬にスタートする「都立水商!~令和~」の制作発表会が22日、東京都内で行われ、出演者の竜星涼、松井玲奈、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、飯窪春菜、小野寺晃良ほかが登壇した。

 本作は、水商売を教える都立高校を舞台にした新感覚の本格学園ドラマ。

 都立水商に社会科教師として着任し、生徒が抱えるさまざまなトラブルに巻き込まれていく主人公・石綿直樹を演じた竜星は「教師役をやらせてもらうというのは、この仕事をする上での一つの目標だったので感慨深いです」と語り、笑顔を見せた。

 竜星は、教師役自体は以前にも経験があったというが、「それは生徒役が僕よりも(年齢が)上で、全員先輩という、ちょっと変わった高校だった」と説明した。

 「今回もまた変わった高校ですね」と突っ込まれると、「そうなんですよ。今回は、若い子を教える普通の教師ができる…と思っていたら“水商売を教える学校”ということで。なかなか普通の学校には就職させてもらえないなって」と嘆き交じりに語り、笑いを誘った。

 キャバクラ科教師で元カリスマキャバ嬢の乾千花役の松井も「人前で立ってしゃべるのは割と慣れているつもりでしたが、いざ先生として教壇に立つとプレッシャーが違うんだと感じました。説明せりふが多くて、毎日必死にせりふを覚える日々です」と撮影での苦労を吐露。

 それでも「キャバクラやホストクラブなど、自分が知らない世界の中のシステムを詳しく知れるのが楽しい」と語った。

 最後に竜星は「水商売というイメージを払拭できる作品。令和という新しい時代にぴったりの学園ものが誕生しました」と自信をのぞかせ、「パート2も望んでいるので、皆さん、ぜひ応援お願いします」と呼び掛けた。

 ドラマはMBSで5月5日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで5月7日から毎週火曜深夜1時28分に放送。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ