エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

崎山つばさ、舞台初主演で「テンション上がりすぎた」 ゲネプロで負傷アクシデント

舞台初主演の崎山つばさ

 舞台「幕末太陽傳 外伝」の公開ゲネプロおよび囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、入江甚儀、中野あいみ、武藤十夢、愛原実花、柳亭小痴楽ほかが出席した。

 本作は、日活クラシック映画を代表する故・川島雄三監督の生誕百年記念企画作品として、川島監督による映画『幕末太陽傳』を再び舞台化。舞台初主演で主人公・居残り佐平次を演じる崎山は「歴史上の人物である高杉晋作、歴史上には存在しない佐平次との夢のかけ合いが見られるのはこの舞台だけ」とアピールした。

 座長としての自身については「ついてこい! というタイプではない」と言いつつ、「共演者全員が初めましての方で、それが逆によかったというくらいの一致団結ぶり。その勢いのまま千秋楽まで走っていければ」と意気込んだ。

 また、崎山は気合が入りすぎたのか、ゲネプロ中に顔から血が流れるアクシデントも。それでもとっさにアドリブを交えて役を演じきり、次のシーンに登場したときにはばんそうこうで応急処置をして最後まで乗り切った。

 ゲネプロのカーテンコールに引き続き、その後の取材でもあらためて「テンションが上がりすぎて鼻をぶつけまして。でもご心配なく。写真はちょっと引きで撮ってください」と笑顔で語った。

 舞台は東京・三越劇場で4月28日まで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ