エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

タイトルの「デジタル・タトゥー」に対照的な突っ込み 高橋克実「われわれ世代が考える名前」、瀬戸康史「かっこいいな」

高橋克実(左)と瀬戸康史

 NHK土曜ドラマ「デジタル・タトゥー」第1回の試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の高橋克実、瀬戸康史が会見に出席した。

 「デジタル・タトゥー」は、インターネットに疎い50代のヤメ検(元検事)弁護士・岩井堅太郎(高橋)と、動画サイトで荒稼ぎする20代のユーチューバー・タイガ(瀬戸)がバディを組み、デジタル・タトゥーに苦しむ人々と向き合い、救い出す姿を描くサスペンス。

 タイトルにもなっている「デジタル・タトゥー」とは、ネット上に拡散された誹謗中傷、個人情報などを後から消すことが難しいことから、刺青=タトゥーになぞらえて表現した言葉。

 このタイトルについて高橋は、スマホやタブレットなどのITツールをほとんど使わないと言いながらも、「一見今っぽい感じがしますが、われわれ世代が考える名前だなと。デジタルというのは、今の人たちには当たり前。アナログの人が『デジタルって、すごく新しいな』というふうに付けた感じが満載なタイトル」と鋭い突っ込み。

 逆に瀬戸は「僕はおそらくデジタル世代だと思いますが…」と前置きしつつ、「このタイトルを聞いた時、かっこいいなと思ってしまった。もしかしたら、アナログもかじっているのかも」と、高橋と世代が逆転したかのような反応を見せた。

 さらに、ネットを中心としたコミュニケーションについては、まず瀬戸が「ネットが頻繁に使われるようになって、そこだけのつながりになってしまった。人が心と心でつながらないから、誤解が生まれたり、ギクシャクしたりするんだなと改めて感じた。そういう窮屈な世の中でどう戦っていくのかが、テーマの一つ」と本作を通じて得た教訓を披露。

 続いて高橋も瀬戸の意見に同調し、「謝ったりするとき、字面だけではあまり伝わらない。時間を作って会った方が、解決が早いのではないか。伝えるスピードは早いが、物事が余計ややこしくなる。早いし便利だが、果たして本当に便利なのかと演じていて思った」とネット社会に疑問を呈した。

 ドラマについては「サスペンス要素もありつつ、勇気をもらえる作品になっている」(瀬戸)、「幅広い世代が見られるような配慮がされている。ぜひ、我々の世代の人にも見ていただければ」(高橋)とアピールした。

 土曜ドラマ「デジタル・タトゥー」は5月18日(土)よりNHK総合にて放送スタート(連続5回)。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ