エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

12人のイケメン舞台に秋山大河が自信の弁 「これが俺らだ、という舞台になった」

会見に登場した面々

 舞台「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE~Episode.0~」が12日、東京都内のEX THEATER ROPPONGIで開幕。出演するジャニーズJr.「MADE」の秋山大河、稲葉光、冨岡健翔、福士申樹ら12人のキャストが本番前に会見した。

 本作は、ナポレオンやレオナルド・ダ・ビンチら偉人たちがバンパイアとしてよみがえる人気恋愛ゲームの舞台化。偉人たちがいかにしてバンパイアになっていくかというゲームの前日談が描かれる。

 ナポレオン役の秋山は「12人がそれぞれのキャラクターの個性を伝えたいという思いで稽古をしてきた。これが俺らだ、という舞台ができた」と語り、自信のほどをうかがわせた。

 モーツァルトを演じる冨岡も「役に通じるところもあれば、違ったところもあって演じがいがある。ゲームをしている方にも楽しんでもらい、僕らのキャラを愛してほしい」とアピールした。

 ダ・ビンチ役の稲葉は「設定が一番年上でまとめ役なので、純粋に格好いい大人だと思う」と“自分推し”を強調。コナン・ドイルに扮する福士は「ゲームで人気のあるキャラなので、プレッシャーに押しつぶされそう。女たらしの設定だけれど、女性が1人も出てこないので、とりあえず全員の肌に触るようにしています」と、独特の役づくりを明かした。

 それぞれのメークには約2時間半かかり、全員がカラーコンタクトを装着。稽古の前には全員で円陣を組み、「俺たちは、イケメンだ」と気合を入れて臨んでいたという。

 バク宙など派手な演出もあり、冨岡は「モーツァルトはピアニストだから手が大事なので、アクションはしないと思って台本を読んだら、すげえやるじゃんとビックリした」と話し、苦笑い。

 それでも、「平成最後の大仕事。僕らで新しい時代を切り開けられればと思う。このチームで駆け抜けられることが幸せです」と胸を張った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ