エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

浜辺美波「想像を超えてくる映画」と自信 『賭ケグルイ』完成披露試写に登場

主演の浜辺美波

 『映画 賭ケグルイ』の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、主演の浜辺美波をはじめ、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、矢本悠馬、福原遥ら総勢13人のキャストと、英勉監督が登壇した。

 人気コミックを映画化した本作は、ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園が舞台。賭けごとの天才・蛇喰夢子(浜辺)がのし上がっていくさまを描き、2018年1月に放送された実写ドラマ版「賭ケグルイ season1」が好評で、現在「season2」が放送中だ。

 ドラマ版に引き続き主演を務める浜辺は「今回はオリジナル脚本ということで結末は分からない。誰がトーナメントを制するのか、ラストまでハラハラしながら見ていただけたら。想像を超えてくる映画になっています」と笑顔でアピールした。

 キャスト同士のクロストークで、「この中で、最も勝負強いのは誰?」というお題で大勢から指名を集めたのが森川。森川自身は浜辺を選んでおり、理由を、「周りがどんな芝居をしても(最終的に浜辺の芝居が)全部きれいに(場の空気を)持っていく。だから他でも全てきれいに持っていきそう」と説明した。

 ちなみに浜辺は「森川」を選択しており、「本番でぶっこむ度合いがすごい。知らないところでカメラ目線をしていたり、全部ちゃんと一発で決める感じが格好いい」と絶賛。互いに褒め合うなど、息ぴったりの様子を見せていた。

 一方「この中で一番勝負に弱そうなのは?」というお題では、全員が劇中で小心者を演じた高杉を指名。矢本は「寝起きの高杉真宙って全然格好良くない。本番ではめちゃめちゃ格好いいのに、朝はすげえ“負け顔”で来る」と暴露し、高杉を苦笑させていた。

 映画は5月3日から公開。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ