エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

藤竜也、亭主関白な夫役に苦労 “妻”倍賞千恵子に「冷たくできない」

(左から)市川実日子、倍賞千恵子、藤竜也

 映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の完成披露試写会が10日、東京都内で行われ、出演者の倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子、佐藤流司、小林且弥と、小林聖太郎監督が登壇した。

 50年連れ添った夫婦の秘めた思いと愛を描いた本作。亭主関白な夫に尽くしながらも、長年ある思いと寂しさを抱えてきた妻・有喜子を演じた倍賞は、「昭和の男の人ってぶきっちょ。うちの主人もぶきっちょで大変だった」と物語に共感。「50年連れ添うと慣れっこだけど、同じ道を歩いているのに、交わらない。『ありがとう』『おはよう』『きょうのご飯おいしかったよ』とか、夫婦でそういう会話をすることが大事なんだなと感じました」と振り返った。

 無口でぶっきらぼうな夫・勝を演じた藤は、倍賞と約28年ぶりの共演。「本当に嫌だった。何が嫌って倍賞さんにどうしても冷たくできない。監督からは、『そんな目つきや態度じゃ駄目だ』『日本の奥さんにとにかく嫌われてくれ』と言われてしまってね…」と苦笑。また「僕は仲良くなったらいけないから、(待機時間は)自分の車でじっとしていた。孤独でしたね」と撮影の苦労を語った。

 劇中では“離婚危機”に陥る2人だが、私生活では“夫婦円満”そのもの。その秘訣を聞かれた倍賞は「それだけ長く続いたということは、それだけ互いを必要としているんじゃないかな。思いを伝えたり、時々肩に手を掛けてあげるとかスキンシップも大事だと思う」と述べた。

 藤も「夫婦って、2つの自我がずっと一緒に死ぬまで暮らすこと。人類80億人の中で、2つの自我が一緒に暮らすわけだから、互いを大事にして、気を使ってメンテナンスをしないと。自我がぶつかると大変だからね」と語り、ほほ笑んだ。

 映画は5月10日から公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ