エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

東啓介「新しい自分が見つかるかも」 「Color of Life」稽古場取材

「Color of Life」稽古場の様子

 New Musical「Color of Life」の稽古場取材が5日、東京都内で行われ、出演者の東啓介と青野紗穂が公演への意気込みを語った。

 本作は、オフ・オフ・ブロードウェーの国際演劇祭で最優秀ミュージカル賞ほか4部門を受賞した、演出家・石丸さち子氏と音楽家・伊藤靖浩氏によるミュージカル。

 この日は、まず物語冒頭シーンの稽古の様子が公開された。青野演じるレイチェルが、同性の恋人を亡くし、悲しみと胸の痛みを抱えたまま「空っぽの部屋」を歌い上げる。続いて、東演じる画家の広瀬和也が画題を見失い、迷い苦しみながらも描きたいともがく姿を歌った「カラー・オブ・ライフ」が披露された。

 1曲歌い終えるごとに、石丸氏が青野と東に、歌詞の裏にある感情を一つ一つ丁寧に説明しながら、歌い方、そして動きを伝えていく。それに応えるかのように、2人が動きを確認し、修正を加えていく姿が見られた。

 さらに、2人が初めて一緒に朝を迎えたときに歌われる「しあわせ」、女優のレイチェルがオーディションを受け、自分のアイデンティティーは何かを自問しながら怒号を上げる「Who Am I? Who are You?」の稽古が行われた。

 東は「(演出の)石丸さんとご一緒させていただくのは4度目なので、求められることのハードルがどんどん上がっていると感じています。そのおかげで新しい自分が見つかるかもしれないな、と感じています」と稽古を振り返った。

 そして「歌もお芝居も、今苦しんでお稽古している最中です。ぜひ劇場で、この作品を通して成長した姿をご覧いただきたいです」とファンへメッセージを送った。

 舞台は26日、神奈川県相模女子大学グリーンホール多目的ホールでプレビュー公演、5月1日~27日、都内・DDD青山クロスシアターで上演。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ