エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

五郎丸歩「ベスト8の場に立ってほしい一心…」 「ラグビーW杯」日本大会のナビゲーターに就任

「ラグビーW杯」日本大会のナビゲーターを務める五郎丸歩選手

 NHK ラグビーW杯「ナビゲーター」取材会が4日、東京都内で行われ、元ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が登場した。

 五郎丸選手は9月から開催される「ラグビーワールドカップ2019(TM) 日本大会」のNHKナビゲーターに就任。同大会の中継番組やスポーツニュースなどに出演するほか、NHKが開催するラグビー教室「五郎丸歩のラグビーパーク」で講師を務める。

 五郎丸選手は、「日本を代表するNHKさんと一緒に、ラグビーやスポーツの魅力をお伝えすることを楽しみにしています。プレッシャーを浴びながらも国を背負って活躍している選手たちの姿を、日本の皆さんに伝えていきたいです」と意気込みを語った。

 「W杯開催が5カ月前に迫りましたが」と振られると、「2015年のイングランド大会では選手として参加して非常に興奮しました。その興奮を日本の皆さんに生で感じていただけるので、またまた興奮しています」と笑顔を見せた。

 また、「W杯は全世界が注目して約40億人が見る、言い訳がきかない真剣勝負の場。(日本チームには)われわれが行けなかったベスト8の場にぜひ立ってほしい、本当にその一心です。期待は大きいです」と日本代表選手らにエールを送った。

 「歴史的な勝利」や「五郎丸ポーズ」が話題となった前大会。「メディアに出るのは慣れた?」と質問が飛ぶと、「慣れました。2015年に五郎丸=ラグビーとなったので、一人でも多くの方にラグビーを広めるのが自分の役目だと思っています。応援お願いします」と笑顔で呼び掛けた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ