エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

薮宏太「『令和』の時代もJUMPしたい」 メンバーとの「新元号」発表直前のメールも明かす

七五三掛龍也(左)と薮宏太

 関西テレビ放送開局60周年記念ミュージカル「ハル」のプレスコールおよび囲み取材が1日、東京都内で行われ、出演者の薮宏太(Hey!Say!JUMP)、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、北乃きい、安蘭けいが登場した。

 薮が約10年ぶりに舞台主演を務める本作は、病を乗り越えてボクシングに挑戦する青年ハルの物語。

 公開初日を迎えた心境について薮は「稽古を重ねてきたので、素直にうれしいです。4月1日という、環境が変わる中で、不安を感じている方が多いと思うので、背中を押せる作品にしたいです」と意気込みを語った。

 プレスコールで舞台に上がる直前まで「新元号」の発表会見を見ていたという薮。新元号となる「令和」の印象について「すてきな響きですよね。『令和』って聞いた瞬間に、ジャニー(喜多川)さんは新しいものが好きなので、頭を駆けめぐらせてるんだろうなって思いました」とコメント。

 発表会見直前にはHey!Say!JUMPのメンバー同士でメールのやり取りをしていたといい、「グループのみんなとメールで(会見に)『菅(官房長官)さんはあと何分で出てくるんだろう』『少し押しているね』って話をしていました。山田(涼介)は『(新元号が)山田でいいんじゃない?』って言っていました」と明かして、笑いを誘った。

 改元について「ほかのグループよりも特別な思いがあるのでは?」と質問されると、「元号は変わりますけど、僕たちの気持ちは変わらないですし、『令和』の時代もジャンプできるように頑張ります」と決意を語った。

 「平成の思い出は?」と聞かれた七五三掛は、「僕は平成の時代にジャニーズに入って大きく人生が変わったので、平成は思い出深いです。薮くんと(共演)できることにも感動しています」と答えた。

 舞台は14日まで都内・TBS赤坂ACTシアターほかで上演。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ