エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中島健人「尊敬する先輩MCは二宮くん」 「大事なのは“自分という役作り”」

単独MCに初挑戦する中島健人

 ディズニー公式エンターテインメントサービス「Disney DELUXE」初のオリジナル番組となる「Disney イッツ・ア・クイズワールド」の配信開始記念イベントが26日、東京都内で行われ、Sexy Zoneの中島健人が出席した。

 番組で、単独MCに初挑戦する中島は「ミッキー、ミニー、ケンティーです!」と冒頭からノリノリ。昔から大のディズニーファンで、オファーを受けた際は「光栄だし、ぜひやりたいと思った。まずお父さんに報告したら、割り箸を渡され『きょうから毎日これを口に挟み口角を上げる練習をしろ』と言われ…。パパティーも応援してくれていると思います」と笑わせた。

 これまでは“質問される側”だった中島。MCとして初回収録を終えた感想を「すごく汗をかきました」と語ったが、「自分って人の話を聞くのがすごく好きなんだなって思ったし、意外と僕はおしゃべりなのかも…という新発見もありました」と笑顔を浮かべた。

 「普段はあまりしゃべる方でない?」と聞かれると、「グループの中では、いつも爽やかに風を浴びているキャラなので」と“ケンティー節”をさく裂させた。

 「尊敬しているMC」として、「嵐の二宮(和也)くんですね」と語った中島。「大好きな先輩。去年もお話しする機会があって『バラエティー、ドラマ、映画、それぞれにしっかりと“自分という役作り”をしたほうがいい』とアドバイスを頂いた」と明かし、「バラエティーも表情作り、雰囲気作りが大事。MCとしては、キャストの皆さんの表情をしっかりとくみ取って、いいトーク展開ができればいいなって思いました」と語った。

 会場では、アナウンサースクールの講師が、中島に滑舌を良くするためのトレーニングなどを実施。初めは「体を揺すらずに!」などと注意を受けた中島だったが、最終的には“ディズニー早口言葉”を10秒で3回唱えるチャレンジに成功。大いに会場を盛り上げた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ