エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

櫻井翔、CM撮影の“自由演技”で苦戦? 「ボキャブラリーの貧困さに驚きました」

高畑充希(左)と櫻井翔

 新「クリアアサヒ」CM発表会が26日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める櫻井翔と高畑充希が登場した。

 櫻井と高畑が、それぞれ自宅で飲み比べをしている姿を描いた今回のCM。櫻井は、飲み終えた後のせりふを「自分の言葉で」と監督から指示されたそうで、「ほぼ自由演技。でも結局出てくるのは『ハァ~』とか『ホェ~』とか、そんな感じでボキャブラリーの貧困さに驚きました」と苦笑い。「最終的に『分かるわ…』という言葉が無事採用されて良かったです」と振り返った。

 そんな櫻井のCMを見た高畑は「いつものCMでは見られないような櫻井さん。普段はこんな感じなのかな?と、プライベートをちょっとのぞき見したような、いけない感じがしてとてもすてきでした」とほほ笑んだ。

 この日は、CMのフレーズにちなみ「いつもの○○だけなんて、もったいない」の「○○」に当てはまる言葉を2人が発表。「旅行」と書いた櫻井は、「休みがあるとよく旅行に行くのですが、つい先日10年ぶりに家族そろって温泉旅行に行ったんです。一人や友達とはいろいろ行くのですが、家族そろって…というのもいいですね。楽しかったです」と振り返った。

 高畑は「お米」と答え「お米の食べ比べにハマっています。最近いろんな産地や銘柄のお米が詰め合わせになったものを頂いたのですが、ちょっとずつ炊くと味がぜんぜん違うんです」と声を弾ませた。

 また今年のチャレンジとして「声帯を強くしてもっと上手に歌えるようになりたい」と掲げた高畑。現在「ボイストレーニング」を行っているといい「先生に言われたことを試すとポンッと楽に声が出たり、やっぱり専門家ってすごいなって思います」と語った。

 司会者から「歌となると興味がありますよね?」と振られた櫻井は、「僕は完全にマイクに頼り切ってやろうと思っているので」とおどけて、笑わせた。

 新CM「飲み比べしよう」篇は27日からオンエア。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ