エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

安藤サクラ「なつぞら」出演を猛アピ―ル! 広瀬すずには「困ったら連絡して」

広瀬すず(左)と安藤サクラ

 NHK連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが26日、東京都内で行われ、3月30日に最終回を迎える「まんぷく」から立花福子役の安藤サクラ、4月1日から始まる「なつぞら」から奥原なつ役の広瀬すずが出席した。

 広瀬は「『まんぷく』の主題歌とともにスタジオに入る毎日で、今、大阪でも撮られているのかな…と想像したこともありました。実際に大変なこともあるので、終えられて、お疲れさまです」とねぎらった。

 安藤は「健康に気を付けるのが一番」としながらも、「私も(『ゲゲゲの女房』でヒロインを演じた姉・克子役の)松下奈緒ちゃんに『ヒロインにしか分からない気持ちがある』と言ってもらえて、心強くて温かい気持ちになりました」と明かした。

 続けて「100人以上のヒロインがいるから、困ったらパラパラと電話帳を開いて『この人!』という人に連絡して。夫(柄本佑)も『なつぞら』に出ているから、(私の)家の電話番号を(教えてもらうのもいい)」などと話し、「具体的なアドバイスには乗れないけど、頑張れぐらいは言えるから」と広瀬にアドバイスをした。

 安藤からバトンを受け取った広瀬は「ネットニュースで見た景色の中に自分がいることで、やっと始まるんだな…と実感しました」としみじみ語った。

 安藤は「まだ、福ちゃんや萬平さんたちと一緒にいたい気持ちがある」と寂しさをのぞかせつつ、「朝ドラの魅力が分かったので、『なつぞら』がすごく楽しみ」とにっこり。

 また、セレモニーが「なつぞら」のアニメスタジオのセットで行われたことから、「隅の方にでも『まんぷくヌードル』が見えたら、ファンとしてはうれしい」とリクエスト。

 さらに「通行人役やエキストラで福ちゃんが出るのは駄目かな? 100作目ですからね」と猛アピール。すると、広瀬は「歴代のヒロインが出てくださっている」と説明。磯智明制作統括も何度もうなずき、カメオ出演に期待を持たせた。

 恒例のプレゼント交換では、安藤がオリジナルパッケージの「まんぷくヌードル」を、広瀬が北海道ロケで食べたという「とろーりチーズパン」を持ち寄り、贈り合った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ